top of page

カクテルの歴史

カクテルが始まった正確な日付は誰にもわかりませんが、考古学的調査結果から、国内農業が始まったときから、そして失われた大陸を信じるなら、人間は1万年間、材料を混ぜ合わせておいしい飲み物を作っていると推測されます。その後、さらに戻ります。蜂蜜酒(蜂蜜から作られる)、エール(ビール)、ワイン(果物から作られる)は古代文明で最も一般的なアルコール飲料であるため、これらの成分を混ぜ合わせて蜂蜜風味の飲料を作ったと考えられています。また、ハーブや香辛料を投入して風味を高めたものと考えられ、たまに浸した薬草が使われた可能性もあります。

 

社会的な飲酒は何らかの形であらゆる文化の一部であり、時間とともに人々は(さまざまな理由で)旅行を始め、避難所を必要としていました。そのため、彼らの道に沿った謙虚な旅館は、仮設住宅、食べ物、飲み物を提供しました。今日。町に建てられたパブは、現在の出来事を知り、うわさ話をし、天気について不平を言い、いらいらし、話をし、そしてもちろん飲んだ「情報ハブ」として機能しました。物事は何百年もの間ほとんど同じままでした。

 

 

「カクテル」という言葉がどこから来たのかについては多くの理論があります。アステカの王女、好きな飲み物のカクテルを呼んだ古代ローマの医者、ニューオーリンズのフレンチエッグカップ、実際にオンドリとエール( ick )で作られたコックエールパンチ、元気のない人のためのジンジャールート坐剤などがあります馬、そして兵士の飲み物(コックテール)にオンドリの尾の羽を入れた居酒屋の番人。

 

 

アジアの精神「アラック」への最初の既知の言及は、1200年代に旅行商人によるものでした。 1300年代に「アクアビタエ」(「生命の水」)という言葉が造られ、1400年代にアルマニャックとスコッチウイスキーが生産されていました。しかし、スピリット(初期のラム酒)が他の3つの材料と大量に混合された最初の記録は、1500年代の病気の船乗りのためのものでした。 1600年代から1800年代にかけて、共同ドリンクは大きなボウルで提供され、すべての人にカップが提供されました。これらのカップとボウルは、今日私たちが知っている個人サイズのカクテルを生み出しました。 

artnet.fr / Artist WalterDendySadler-パンチの良いボウル1886

知っておくべきこと

カクテルについて

誰がカクテルを発明したかは誰にもわかりませんが、パンチボウルで提供され、1600年代にカップから飲まれた共同バッチが、今日私たちが知っている個々のカクテルを生み出したことは同意されています。 「カクテル」という言葉の由来については多くの説があります。本日現在、2つに絞り込まれています。 1つは馬の職業の1700年代の言葉に由来し、もう1つは実在の人物に基づく架空の人物に由来しますが、どちらも確認されていません。

 

今日まで、「カクテル」という言葉の最初の印刷された形式は1798年に登場しました。飲み物に関連する言葉は1803年に最初に印刷され、最初の印刷された定義は1806年にありました。

 

最初に知られている英国の飲み物の領収書(レシピ)の本は1827年に出版されました。最初の知られているアメリカのカクテルレシピ本は1862年に出版されました。

 

私たちが知る限り、ミントジュレップはアメリカで最初のカクテルです。

 

1920年代以前、アメリカでは、派手なカクテルは、派手なサロンやバーで著名な白人男性によって飲まれていました。  「レディースバー」と呼ばれる著名な女性のためのサイドルームがありました。  メインバーで許可された女性は、マダムと売春婦だけでした。  平均的なジョーは、パブや自宅でビール、ワイン、ウイスキー、サイダーを飲みました。  

 

カクテルの最初の黄金時代は1860年から1919年の間にあり、カクテルの2番目の黄金時代の種は千年紀の周りに植えられました。

 

マティーニは最も象徴的なカクテルであり、カクテル文化の象徴です。

 

アメリカの禁酒法の廃止、ほとんどのバーでの女性の社交の自由、そしてハリウッドのテクノロジー(おしゃべり)は、1930年代から1960年代にかけてカクテルを魅了しました。

 

世界最大のカクテルフェスティバル、テイルズオブザカクテルは、2002年から毎年7月にニューオーリンズで開催されています。

Meissenpunchbowl.jpg
Screen Shot 2018-10-29 at 10.56.49 PM.pn

パンチボウル とスタンド、で作られました マイセン 工場、ドイツ、1770年、 ビクトリアアンドアルバート博物館

1827年-オックスフォード大学の学生によってまとめられた最初の既知の飲み物の領収書(レシピ)の本。この本はほぼ100年にわたって多くの版を持っていました。これは最初のものです。既知のコピーは2つだけです。本をクリックして中を見てください。

カクテルのタイムライン

1500年代

あなたがパブ、エールハウス、居酒屋、または旅館を所有している場合、あなたはおそらくゲストにサービスを提供するために食事や飲み物のためにあなた自身の食べ物を育てていたでしょう。庭のための土地を持っていることに加えて、あなたは動物の世話をし、旅行者に厩舎を提供し(今日は駐車場と呼びます)、アルコール飲料を生産するための領域を持ち、本を保管し、請求書を支払い、助けを管理するのに十分な知識を持っている必要がありました、および支払いを収集します。居酒屋の床は砂でできていることが多く、バーエリアの周りに落とし格子(金属製の垂直閉鎖ゲート)があるのが一般的でした。マルチタスクディナーでは、キッチンの犬がターンスピットホイールに入れられることがよくありました。犬はホイールの内側を歩き、火の上でゆっくりと肉を焙煎しました。

 

エールハウス、パブ、居酒屋、旅館の名前には、ビバリーアームズ、ブラックライオン、ボアズヘッド、ブルロングメドフォード、クラウンサール、キングスヘッド、クレーンイン、デビルズタバーン、ジョージ、ライオン、プロスペクトオブウィトビー、ホワイトホース、そしてあなたがたオールドマイター。

 

聞いた飲酒の言葉は、「酔っぱらった」、「困惑した」、「ビズリした」、「深く飲んだ」、「大麦の帽子をかぶった」、「複数の人が抱ける」、「ライオンが飲んだ」、「食事の上に麦芽」、 」「騒々しい」、「居酒屋のトークンを飲み込んだ」、「粉々になった」、「剃った」、「急いで」、「襲われた」、「削られた」。

 

1500年代に作成された新しいブランドとスピリッツには、アグアルディエンテデカーニャ(ラム酒)、ベネディクティン、ブランデー、カシャーサ、ディサロノ、イェネーフェル、クンメル、メスカル、ピスコ、スコッチウイスキーが含まれます。

 

1500

サトウキビはイスパニョーラ島で収穫され、ラム酒の製造に使用されます。

スコットランドのキングジェームズ4世は、アクアビタエの生産を許可しています。

 

1510

ベネディクト会の僧侶がベネディクティンを作成します。それを必要とする現代の人気のあるカクテルには、シンガポールスリング、ヴューカレ、ボビーバーンズが含まれます。

 

1514 

フランスのルイ12世は、酢の生産者にオードヴィーの蒸留を許可しています。

 

1518

スペインの支配者チャールズ5世は、サトウキビ畑で働くために2,000人の奴隷をイスパニョーラ島に輸入しました。

 

1525

AmarettoDisaronnoはイタリアで生産されています。

画期的な蒸留の本が出版され、ブランデー(焦げたワイン)を生産するようにオランダを鼓舞しています。

 

1531

スペイン人入植者は、メキシコで地元の発酵飲料を蒸留してメスカルを作ります。

 

1533

サトウキビのオー・ド・ヴィーが作られました(後にカシャーサとして知られています)。

イタリアの山の僧侶はリキュールを作ります。

 

1534

70以上のウォッカベースの薬の本が出版されています。 「ウォッカ」という言葉が文書化されたのはこれが初めてです。

 

1537

フランスのフランソワ1世は、オードヴィーの製作を許可します。

 

1538

ペルーの農家は、今日私たちが知っているものをピスコとして作っています。

 

1552

Constelijck Distilleer Boekの本の中で、Philippus Hermanniは、1568年にジュニパーを注入したオードヴィーについて言及しています。

 

1575

ルーカス・ボルスはアムステルダムに蒸留所を設立し、イェネーフェルを作り始めました。

 

1586

アグアルディエンテデカーニャ(基本的にはラム酒)、ヒエルバブエナ(ミント科に属するキューバのハーブ植物)、ライム、砂糖は、病気の船員とその英国の船長、サーフランシスドレーク(エルドラク-スペイン語と呼ばれる)の船のためにバッチ処理されました「ドラゴン」の場合)。必要なのは炭酸水を追加することだけで、彼らはモヒートの樽を持っていたでしょう。

 

 

1600年代

オランダの画家ヤン・ステーンが詳細な日常の絵画を描いたので、居酒屋やパブがどのように見えるかについては良い考えがあります。飲酒に関連する彼の絵画には、居酒屋での王子の日(1660;彼は絵に自分自身を描いた)、居酒屋の庭(1660)、居酒屋で(1660)、酒飲み(1660)、陽気なパーティー(1660)、前の農民が含まれますアン(1653)、居酒屋を出る(日付は不明)、テラスの浮かれ騒ぎ(1670)、居酒屋のシーン(1670)。スティーンの絵画に見られるものは、水差し、瓶、器(一部はガラス製)、楽譜、楽器、いじくり回す、火、食べ物、笑い、ゲーム、ギャンブル、動物、子供、おもちゃ、混乱、男性が女性をつかむ、喫煙、檻の中の頭蓋骨、樽、鳥。子供や動物を除いて、これは現代のバーで見られるものとほとんど同じです。私の個人的なお気に入りの絵は「古い歌として」というタイトルなので、若い人をパイプします。

 

 

1600年代初頭、パンチ(パンチ、「5」を意味するヒンドゥー教の言葉)は、インドを往復する英国の船乗りやスパイス商人の間で人気がありました。家に帰る途中、彼らはスピリット、レモン、砂糖、水、スパイスを含む5つの材料で大きなボウルのパンチを作りました。パンチはイギリスの上流階級に広がり、すぐに新世界(アメリカ)に運ばれました。上流階級が所有していた銀製のボウル、カップ、おたま、そしてロンドンの中央刑事裁判所の記録には、これらのアイテムが盗まれた多くの事件が記録されていました。

新世界で新しい命を求めた巡礼者は、イギリスの船に物資を頼りながら、未知の土地を切り開くのに苦労しました。ほとんどの場合、入植者はサバイバルモードでしたが、どういうわけか彼らは1つではなく2つのラム酒蒸留所を開くための時間とリソースを見つけました。ラム酒は初期のアメリカに資金を提供したものです。

 

エールハウス、パブ、居酒屋、旅館の名前には、Bear at Bridge-foot、Bull and Bush、Bull and Gate、 Grapes、Green Dragon Tavern、Hatchet Inn、Anchor、Plough、Red Lion、Seven Stars、Threeなどがあります。ナン、そしてトラファルガー居酒屋。

 

1600年代に聞かれた飲酒の言葉には、「狭い海の提督」、「獣のように酔った」、「酒に酔った」、 「泡立った帽子の病気」、「キツネを捕まえた」、「D and D」(酔って無秩序)、「鈍い」などがありました。目で」、「高揚」、「くすくす笑い」、「パンとチーズを頭に入れた」、「ぐちゃぐちゃにした」、「メリーゴーランドを飲み続けた」、「暴れ回った」、「見る」ダブル。"

 

1600年代の新しいブランドとスピリッツには、ブッシュミルズアイリッシュウイスキー、シャルトリューズ、ハイグスコッチが含まれます。

 

1608

OldBushmillsDistilleryがアイルランドに設立されました。今日では、世界で最初に認可されたウイスキー蒸留所の称号を保持しています。

 

1620

巡礼者は11月9日にメイフラワー号でブランデーとジンを新世界に持ち込みます。101人の勇敢な入植者が冬に船に乗って住み、物資が急速に不足します。  

 

1623年

イェネーフェルは、英語の演劇「ミラノ公爵」で言及されています。

 

1625年

ハイグは最初に認められたスコッチウイスキーになります。

 

1635

ポルトガル政府はカシャーサの販売を禁止しています。禁止は1695年に解除されました。

 

1637

蒸留所の設備はバルバドス島に運ばれます。

 

1644

蒸留所の設備はマルティニーク島に運ばれます。

 

1657

ボストンにラム酒蒸留所が建設されています。

 

1664

ラム酒蒸留所はニューヨーク州スタテンアイランドに建設されています。

 

1650

部屋を節約するために、ロバートブレイク提督はビールの配給量をブランデーに切り替えます。

 

1655

ウィリアム・ペン副提督はラム酒を毎日の配給に含めるように命じました。

 

1668

ロンドンの刑事裁判所で、トーマス・キャリーはパンチとそのボウルを盗んだ罪で有罪判決を受けました。

 

1674

ハーバード大学は独自の醸造所を建設しています。

 

1676年

インドを訪問するとき、医師のジョン・フライヤーは、英国人が酒で作るパンチについて言及します。

 

1688

ウィリアム・オブ・オレンジはオランダからイェネーフェルを輸入し、英国のジンの生産を開始しました。

 

1691

ノレットはオランダで蒸留を開始します(後にケテルワンウォッカを生産します)。

 

1694年

クリスマスの日に、イギリス海軍の司令官エドワードラッセル提督が青と白のタイル張りの噴水をパンチで満たし、スペインのカディス港で6,000人のパーティーを開きます。彼は800人のスタッフと1人の男性の子供をボートに乗せてパンチに浮かび、ゲストにサービスを提供しています。

 

1695

DeKuykerはオランダに蒸留所を開設しました。

 

1697

派手な英国のパンチボウルが作成されます。彼らはそれをモンテイスと呼んでいます。

 

1698年

ニュージャージーでは、ウィリアム・レアードが個人用のレアードのアップルジャックの生産を開始しました。

 

1699

ケネルムディグビーは、多くのワインとエールのレシピを提供する、 開かれたサーケネルムディグビーナイトのクローゼットを公開しました。特に、1つのレシピはCock-Aleと呼ばれます。ディグビーは、「これらは、コックエールの作り方を忘れてしまった飼いならされた日です」と語っています。このエールは作るのに1ヶ月かかり、オンドリの茹でが含まれます。これは、コックエールへの最初の既知の参照です。それは後で1700年代の料理本のカップルで見られます。

 

1700年代

コロニアルアメリカは新しい家に落ち着きました。 1700年までに、人口は275,000人に達しました(ボストンとニューヨーク市が最も人口が多い)。 1700年には、コロニーには140を超えるラム酒蒸留所もありました。世紀の終わりまでに、人口は530万人に達し、そのうち100万人はアフリカ系でした。  

 

今世紀、入植者たちはイギリスから抜け出すのに苦労しました。解き放たれたくない旧国の例としては、糖蜜法(ラム酒に課税)、羊毛法、鉄法、通貨法、砂糖法(ラム酒に課税)、印紙法、ボストン虐殺事件、ボストン茶会事件。これはすべてアメリカ独立戦争(1775–1783)につながりました。イギリスを離れた後、スリングと呼ばれる飲み物が人気になりました。お好みのスピリット、砂糖、水で簡単に作られました。その後、ビターズを1〜2杯追加して、ビターズスリングにしました。これは、朝の良い飲み物と見なされていました。これらは昔ながらの正確な材料です。

 

1776年のアメリカ独立宣言の署名は、マデイラで乾杯されました。ベンジャミン・フランクリンは飲酒辞書を書き、遠近両用眼鏡を発明し、電気を発見しました。ジェームズハーグリーブスが糸車を発明し、アメリカンウイスキー蒸留所が出現し始め、サンドイッチが発明され、そして楽しみのために、熱気球が1782年に最初の飛行を開始しました。池の反対側では、産業革命がレースをリードしていました。テキスタイル生産、蒸気動力、製鉄で、しかしジン中毒の戦いに負けました。これは、アブサンが発見された世紀でもありました。

 

多くの場合、郵便局は1700年代半ばから居酒屋に設置されました。エールハウス、パブ、居酒屋、旅館の名前には、ビートルとウェッジ、ベルインハンド居酒屋、シティ居酒屋、フランチェスタバーン、ジャンラフィットの鍛冶屋、ジェソップの居酒屋、スタッグアンドハウンズ、イーグル、ラム、ダーティダック、 Green Man、Crown、Old Ship、Publik House、Prospect of Whitby、Wiggin's Tavern、Blue Bell Inn、O'Malley'sPub。

 

1700年代に聞いた飲酒の言葉は多すぎて言及できません。ベンジャミン・フランクリンが1737年の本を、ろうそくの明かりで、200以上の飲酒の言葉をリストしたTheDrinker'sDictionaryというタイトルで書いたからです。これらのいくつかと他のものには、「追加された」、「バルバドスにいた」、「コッカドゥードル」、「チェリーメリー」、「ひびが入った」、「クランクされた」、「王の英語をクリップする」、「オオバンのように目がくらむ」、「魚」、「手押し車のように酔った」、「人を恐れない」、「混乱した」、「ヤギのようにいっぱい」、「スヌーピーになった」、「グロッキー」、「ハッピージュース」、「ミツバチでいっぱいの頭」 、」、「高度で」、「ジャッキアップ」、「ジョリー」、「鰓にジューシー」、「ラップアップ」、「舵を失った」、「腐った酔っぱらい」、「ねじ込みと入れ墨」、「ティプシー」 」と「煮込み」。

世界の新しいブランドとスピリッツには、アブサン、アドミラルネルソンラム、アップルトンラム、クルーザンラム、ドランブイ、エヴァンウィリアムのウイスキー、ゴードンのジン、ハーベイのブリストルクリームシェリー、ホセクエルボ、レアードのアップルジャック、マデイラが含まれます。

 

1708年

詩「コオル老王」は、王がパイプ、ボウル(パンチボウル)、ミュージシャンを求めていることを説明しています。「コオル老王は陽気な古い魂であり、陽気な古い魂は彼でした。彼は自分のパイプを呼び、彼は自分のボウルを呼び、そして彼は自分のフィドラーを3人呼びました。」

 

1712年

Magnum Elixir Stomachicumは、 Richard Stoughtonによって作成され、特許を取得した最初の既知のビターズです。

 

1717年

ニュージャージー州のコルツネックインは、ウィリアムレアードの子孫によってオープンされ、初めてアップルジャックを販売しています。

 

1718年

フランス人はニューオーリンズを設立しました。 100年以内に、フランスの影響を受けたカクテルが作られるでしょう。

 

1721年

ロンドン市の4分の1がジンの生産に使用されています。

 

1726年

ロンドンにはジンを購入できる場所が6,000以上あります。

 

1727

Eliza Smithは、The Compleat Housewife:Or、Accomplish'd Gentlewoman's CompanioninLondonを公開しています。 18のエディションが50年で作成されます。この本には、多くのワイン、コーディアル、ミルクパンチのレシピを含む何百もの家庭用レシート(レシピ)が含まれています。 2クォートの水、1クォートのミルク、半分のパイントのレモンジュース、1クォートのブランデー、砂糖を好みに合わせてください。ミルクと水を少し温め、次に砂糖、次にレモンジュースを入れてよくかき混ぜ、次にブランデーを入れ、もう一度かき混ぜてフランネルバッグに通し、非常に細かくしてから瓶詰めします。それは2週間以上を維持します。」スミスはまた、古いオンドリを使用したコックエールパンチのレシピを提供します。光沢のあるプラスチックで包まれた製品に慣れているので、レシピはおそらく今日の肉を購入する人間の胃さえもかき乱すでしょう、それでそれはここでは説明されていませんが、必要に応じてグーグルで検索することができます。こちらのGoogleブックスで無料で読むことができます。

 

1732

アメリカで最初の釣りクラブ、そして今日最も古い継続的なクラブは、「Colony in Schuylkill」(現在はペンシルベニア州のSchuylkill Fishing Companyと呼ばれています)と呼ばれています。クラブの目標は、社交、釣り、食事、飲み物をすることです。有名な「フィッシュハウスパンチ」は、ラム酒、ピーチブランデー、レモン、砂糖、水を混ぜてここで作られています。ジョージ・ワシントン大統領は名誉会員です。

 

1734年

12月4日、アラックパンチについての言及がロンドンの中央刑事裁判所で言及されています。ホルコムは朝の2時ごろに私のドアにコーチでやって来ました。私は2組の階段を上って行きました、そして彼らはアラックパンチのボウル(それはただ1つのボウルでした)、ワインのボトルを持っていました。と3つのゼリー。」

 

1735年

アラックパンチはロンドンの中央刑事裁判所で再び言及されています。「彼は私にパンチのグラスを飲むように頼んだので、私は入って、彼と私はアラックパンチのボウルを4〜5杯飲みました。と3パイントのワイン。」

裁判所:何!二人で全部飲みましたか?

ロンドンの中央刑事裁判所の文書が多すぎて言及できません。当時入手可能なほとんどすべてのアルコールが言及されていました。 oldbaileyonline.orgでそれらをオンラインで表示します。最も衝撃的で最も悲しい文書は、中毒のイングランドがいかにジンになっていたかを示しています。 1734年2月27日、母親が2歳の女の赤ちゃんを殺し、ジンを買うために服を売ることができるようにしました。

 

1736年

ジンの消費を抑えるために、ジン法がイギリスで可決されました。

 

1740年

グロッグは最初のダイキリですか? 8月21日、英国海軍の55歳のエドワード・バーノン副提督は、毎日のラム酒を1クォートの水、半パイントのラム酒、ライムジュース、砂糖を混ぜて混ぜるという命令を出しました。時計中尉の前で甲板上で切り刻まれたお尻。 (ヴァーノンのニックネームは、グログランの布で作られたデッキに着用する防水マントのために「オールドグロッグ」でした。船乗りは飲み物を「グロッグ」と名付けました。)まあ、グロッグは古典的なダイキリと同じ成分を持っているようです。氷なしで。携帯電話とグーグルの「切り刻まれたお尻」を引き出す前は、それは現代のオフィスのウォータークーラーと同等でしたが、船乗りが集まった木製の樽(樽)でできていました。グロッグを各人に提供できるように、上部に穴が開けられました。  

 

1742年

Eliza Smithは、最初に知られているアメリカ料理のレシピ本を出版しています。これは、 The Compleat Housewife:またはAccomplish'dGentlewoman'sCompanionの第5版です。こちらで購入できます Biblio.comで。 Googleブックスで無料で読んでください。

 

1743年

グレンモーレンジ蒸留所はスコットランドに設立されました。

 

1744年

フィラデルフィアを訪れた男性は、ウィリアム・ブラックという名前で、彼に与えられた日記に次のように記録しています。

「昼食にはサイダーとパンチ。夕食前のラム酒とブランデー。夕食時にパンチ、マデイラ、ポート、シェリー酒。女性とパンチとリキュール;ワイン、スピリット、そして就寝時までパンチ。ガチョウが泳ぐのに十分な大きさのパンチボウルに入っています。」

 

1745年

ドランブイはスコットランドで生産されています。ドランブイで作られた最も人気のあるモダンなカクテルは、ラスティネイルです。

 

1749年

アップルトンラム酒はジャマイカで生産されています。

J&Bスコッチを生産。

 

1751年

イングランドは別の銀法を可決します。

最初の健康警告はジンのボトルに印刷されています。

 

1755年

Marie Brizard Companyは、フランスのボルドーに設立されました。

 

1757年

初代米国大統領のジョージ・ワシントンは、彼の個人的なビールのレシピについて書き、「スモールビールを作る」というタイトルを付けています。

 

1758年

ネルソン提督のプレミアムラムが生産されています。

ジョージワシントンはバルバドスのラム酒の樽でキャンペーンを行っています。

ドンホセクエルボは、メキシコでリュウゼツランの植物を栽培するための土地の助成金を受け取ります。

 

1759年

アーサーギネスは、ダブリンのセントジェームズゲートにある未使用の醸造所の9、000年のリースに署名します。

 

1760年

ジョージ・ワシントンがレアードのアップルジャックに紹介されました。

バージン諸島のクルーザンラム酒が生産されています。

 

1761年

イギリスのボンベイジンが生産されています。

 

1765年

リチャードヘネシーはヘネシーコニャックを設立しました。

 

1769年

ゴードンのジンが生産されています。ゴードンのジンは、ボンドがヴェスパーを注文したときに、最初のジェームズ・ボンドの小説、1953年のカジノ・ロワイヤルで言及されます。

ヘンリオドの姉妹は、彼らの秘薬アブサンを宣伝しています。

 

1771年

エヴァンシェルビーは、テネシー州に最初のライウイスキー蒸留所を開設しました。

炭酸水を作成する方法に関する発見が文書化されています。

 

1780年

ジェイコブビームはケンタッキー州にウイスキー蒸留所を建設しました。

ジョン・ジェイムソンがアイルランドのダブリンにウイスキー蒸留所を開設。

Johann Tobias Lowitzは、ウォッカ用の木炭ろ過を開発しています。

イライジャペッパーはケンタッキー州に丸太小屋の蒸留所を建設しました。

 

1783年

エヴァン・ウイリアムス・バーボンが生産されています。  

 

1784年

フィラデルフィアの医師であり政治家でもあるベンジャミン・ラッシュは、「精神的な酒が人間の心と体に及ぼす影響についての調査」というタイトルのパンフレットを発行しました。右の本をクリックして 

 

1786年

アントニオ・カルパノはイタリアでベルモットを発明しました。

 

1789年

エリヤ・クレイグ牧師は、ケンタッキー州の焦げたオーク樽でコーンウイスキーを熟成させます。

コネチカット州リッチフィールド郡で最初の気性社会が形成されます。

 

1790年

ジャン=ヤコブシュヴェッペは人工ミネラルウォーターを作っています。

 

1791年

ジョージワシントンはウイスキー税を課します。

 

1792年

ペルノーアブサンが生産されています。

 

1795年

オールドジェイクビームサワーマッシュウイスキーをご紹介します。

 

1796年

ハーベイブリストルクリームシェリーが生産されています。

 

1791年

ジョージワシントンはウイスキー蒸留所になります。

 

1798年

アニスタティアミラーとジャレッドブラウンは、「カクテル」という言葉の最新の録音を見つけたと信じられています。 3月16日金曜日、イギリスのロンドンにあるモーニングポストとガゼットは、パブの所有者が宝くじに当選し、顧客の借金をすべて消したと報告しました。

「ダウニング通りに住む収税吏で、2万リットルのシェアを持っていました。賞品は、喜びの輸送で、彼のすべてのスコアをこすり落としました:これは、彼が州の宝くじで最高の賞を獲得したとき、こすり落とされただけでなく、実際に彼の古い顧客とスコアを破った彼の隣人の謙虚な模倣でした、そしてそれらを完全に忘れました。」 4日後の3月20日火曜日、顧客の債務は同じ新聞に掲載されました。 「カクテル」という言葉が表示されます。

"氏。ピット、

「L'huiledeVenus」の2つのプチヴァー

「perfeitamour」の1つであるDitto

同上、「コックテール」(下品に生姜と呼ばれる)

尊敬されているスピリッツと飲み物の歴史家であるデビッド・ワンドリッチは、「カクテル」という言葉の使用法は(現時点では)馬の取引に由来していると考えています。彼は、あなたが売ろうとしている古い馬を陽気に見せるために、馬の尻尾をコックする坐剤として生姜の塊(おそらく皮をむいた)を使用することを学びました。

カクテルのジョン・コリンズはロンドンで発明されました。

 

 

1800年代

1800年代には、カクテルとカクテル作りが真っ白なスポットライトで舞台に登場し、アメリカのバーテンダーは全世界のカクテルスターでした。彼らはプレスジャケット、ダイアモンドタイピン、パリッとした襟付きシャツを着ていました。基本的に、彼らはナインに身を包んだ。最初のレシピ本が出版され、池の氷(そして後には人工の氷)の入手可能性はゲームチェンジャーであり、カクテルの黄金時代はこれまでで最も明るく輝いていました。ブルーカラーであるにもかかわらず、バーテンダーの立場は労働者階級の貴族と見なされていました。当時、あなたはバーテンダーになる前に数年間バーテンダーの見習いでなければなりませんでした。ある有名人のバーテンダー、ジェリートーマスは、一組の頑丈なシルバーバーツールを持って世界中を旅し、1862年に最初の有名なアメリカのカクテルレシピ本、バーテンダーガイド、飲み物の混ぜ方、またはボンビバントの仲間を出版しました。

 

今世紀はアメリカの人口が約500万人で始まり、1899年までに信じられないほど7千万人にまで増加しました。この時期に多くの進歩が起こり、次の世紀の基礎が築かれました。これには、ガス照明、ミシン、電報、モールス信号、自転車、タイプライター、通信販売カタログ、コカコーラ、ブックマッチ、氷の配達が含まれていました。さらに、いつものように、最初は裕福な人だけがこれらの現代の発明を楽しむことができました。

 

これらの時代は、新しい技術の進歩とともに文明化された行動をもたらしました。おしゃれなバーの著名な白人男性は、コブラー、クルスタ、フリップ、グロッグ、シャンパンカクテル、マンハッタン、地震、マルチネス、昔ながらの、ヘイルストーム、ロブロイ、トム&ジェリー、スノーストーム、ロフィニャック、アイオープナーを注文できます、Ramos Gin Fizz、Sazerac、Santa Cruz Punch、smash、Stone-Fence、sour、toddy、またはTomCollins。

 

エールハウス、居酒屋、サロン、バーの名前には、Bull and Mouth、 Bush Tavern、Chapter House、Crystal Palace Saloon、Golden Cross、Grove House Tavern、Hustler's Tavern、Jack's Elixir Bar、Knickerbocker Saloon、Iron Door Saloon、McSorley'sOldAleなどがあります。 House、Old Absinthe House、Pete's Tavern、Bucket of Blood、Cock Tavern、Imperial Cabinet、Stag Saloon、Village Tavern、Tujague's、Occidental、WhiteHorseTavern。

 

1800年代に聞かれた飲酒の言葉には、「パー以上」、「少し上」、「小説の2、3章」、「カップが多すぎる」、「ジョン・バーリーコーンとのデート」、「ドロップが多すぎる」などがあります。 「少しの泡」、「公共の混乱」、「頭の拍車」、「床に安らぎ」、「ガラス越しに見ている」、「ソースにぶつかった」、「見えない」はしごの穴」、 「コルク栓をした」、「世界に死んだ」、「ドープした」、「バッカスのように飲んだ」、「40匹の小指のように飲んだ」、「栄光を感じた」、「興奮した」、「霧の運転手」 、」「縁までいっぱい」、「ジン」、「小指を持ち上げる」、「青々とした」、「月光を浴びる」、「深いところから離れる」、「粘土を湿らせる」、「フリップ&c」、「痰」 -カッター」、「屋根裏部屋のパンとチーズ」、「磨かれた」、「喉の火花を消す」、「スロッシュ」、「臭い」、「浸した」、「スワズした」、「タンクに入れられた」、「濡れた」笛」、「うっとうしい」、「頭蓋骨から叩き出された」。

 

立ち上げられた新しいブランドとスピリッツには、Averna、Black&White Scotch、Beefeater gin、Boodles gin、Canadian Club whisky、Cherry Heering、Don Q rum、Galliano、George Dickel whisky、Grand Marnier、Johnnie Walker Scotch、Herradura tequila、

ピムのNo.1、ローズのライムジュース、サウザテキーラ、シーグラムの7ウイスキー、バーマス、シーグラムのVOウイスキー、タンケライジン、ファンダドールスパニッシュブランデー、リレット、マイヤーズのダークラム、レモンハートラム。

 

1801

シーバスリーガルスコッチが生産されています。

 

1803

4月28日、アメリカ人が最初に記録した飲料としての「カクテル」という言葉の使用が、ニューハンプシャーの新聞、ファーマーズキャビネットに掲載されました。

「カクテルを一杯飲みました。頭にぴったりです。 。 。 Doct'sに電話してください。バーナムを見つけた—彼はとても賢く見えた—もう一杯のカクテルを飲んだ。」

 

1806年

飲料としての「カクテル」という言葉の使用を記録した2番目のアメリカ人は、5月6日にニューヨークのバランスとコロンビアのリポジトリ(No. 18 Vol。V)のハドソンに登場しました。

"ラム酒!ラム酒!ラム酒!

ある候補者が彼の損失と利益の勘定に次の項目を置いたので、この貴重な酒の価格はすぐにクラベラックで高騰すると推測されます:—

損失。ラム酒720グロッグ、ブランデー17杯、ジンスリング32杯、ビターズ411杯、25杯。カクテル

私の選挙。

利得。なし。"

           ニューヨーク州クラベラックで選挙が行われ、(当時は)無料の酒で票を獲得しようとするのが一般的でした。敗者はこの地元の新聞に彼の損失と利益を発表しました。 25の翻訳はありません。 =  2017年には25ドルと25ドル=600ドル。

            7日後、新聞の28歳の編集者、ニューヨーク州コロンビア郡のハリークロスウェルは、5月13日にアルコール飲料として知られる「カクテルの最初の定義」を公開しました。クロスウェルはめったに何も公開しません。彼は言いますが、加入者からの質問に答えるために今回は例外を作ります。

サブスクライバーは次のように書き込みます。

「天びんの編集者へ。

様、

          私はあなたの6番目の瞬間の論文で、立法府の議席の民主的な候補者の説明で、ロスの頭の下にマークされていることを観察します、25。カクテル。この種のリフレッシュメントが何を意味するのかを私に知らせるほどの義務がありますか?あなたにとって見知らぬ人ですが、あなたの一般的な性格から、あなたはこの要求が無意味であるとは思わないでしょう。

           痰カッターと霧の運転手、笛を濡らす、粘土を湿らせる、フィリップ、頭の拍車、喉の火花を消す、フリップ&cのフォーラムについて聞いたことがありますが、決してありません私の人生は何年も生きてきましたが、以前にコックテールのことを聞いたことがありますか。この国の一部特有ですか?それとも後期の発明ですか?その名前は、飲み物が体の特定の部分に与える影響を表していますか?それとも、ポーションを受け取った民主党員がトプシーカービーになり、尻尾があるべき場所に頭を持っていることを意味しますか?私は後者が本当の解決策であると考えるべきです。しかし、私が自分の力ですべての情報を受け取るまで、最終的に決定することを望んでいません。

    革命の初めに、医師はお茶の代わりに木に生えたコケを公に勧めました。彼は実験で、彼が承認したよりも刺激的な品質を持っていることを発見しました。したがって、彼はその後公にそれを非難した。コックテールが何であれ、それは特定の時間と特定の体質にのみ適切に投与されるかもしれません。数年前、民主党員がジェファーソンとクリントンのために喧嘩をしていたとき、投票の1つがニューヨーク市のアイスクリームが売られていた場所で開催されました。その時、彼らの気質は著しく荒れ果てて胆汁性でした。それらを冷やすために何かが必要でした。今、彼らが硬直に沈んだとき、それらを暖め、そして興奮させるために、コックテールによって同様に必要かもしれません。

    私が無礼だと言ったことは何も解釈しないでください。私はあなたの論文を非常に喜んで読み、それが最も広範に流通することを望みます。あなたが私の質問に答えるかどうかにかかわらず、私はまだ残ります、

    あなたの、

        加入者

クロスウェルは、政治をからかうと同時に、コックテールと呼ばれる軽食とは何かを知りたいという加入者の質問に答えます。

「私が主張するように、(私の編集長の下で)何も公開しないでください、しかし私は説明することができます、私は私の好奇心旺盛な特派員の好奇心を満足させることを躊躇しません:カクテル、そして刺激的な酒で、どんな種類の砂糖、水、そして苦いものでも、それは下品に苦いスリングと呼ばれ、それが頭を混乱させると同時に、それが心臓を頑丈で大胆にするので、優れた選挙薬であると思われます。また、民主主義の候補者にとって非常に役立つと言われています。なぜなら、グラスを飲み込んだ人は、他のものを飲み込む準備ができているからです。」

 

1809年
ワシントンアーヴィングは、次のように述べています。さらに、彼らは偉大な馬のレーサーとコックファイターでした。強力なレスラーとジャンパー、そしてホーケーキとベーコンの巨大な消費者。彼らは、これらの飲料、カクテル、ストーンフェンス、シェリーコブラーの最初の発明者であると主張しています。」

 

1817年

エリザベスハモンドは、現代の家庭料理と、いくつかのパンチレシピを含む便利なレシピブックを発行しています。

 

1820年

LaPiñadePlata(シルバーパイナップル)レストランとバーがキューバのハバナにオープンしました。当時、ここでどのカクテルが提供されていたかは誰にもわかりませんが、100年後、バーはフロリダのニックネームでバーラフロリダと名付けられました。凍ったダイキリや、ノーベル賞を受賞したアーネスト・ヘミングウェイなどの有名人の常連客で有名になりました。

最初にブレンドされたスコッチウイスキー、ジョニーウォーカーが生産されています。

ビーフィータージン蒸留所はイギリスに建てられています。

 

1821年

The Spyの中で、著者のJames Fenimore Cooperは、コックテールを発明したBettyFlanaganという架空の人物について書いています。フラナガンのキャラクターは、キャサリン・ハスラーという実在の人物に基づいていると思われます (1767–1832)1812年の米英戦争中にニューヨーク州ルイストンでハスラーの居酒屋を経営し、オンドリの尾羽を飲み物(コックテール)に入れました。

 

1823年

Pimm's Cup No. 1は、ロンドンのJamesPimmによって最初に制作されました。

ジンツイスト(ジン、お湯、レモンジュース、砂糖)は、ウォルタースコット卿の小説「聖ロナンの井戸」で言及されています。

ケンタッキー州バーボン郡は、ウイスキーを「バーボン」と呼び始めています。

 

1824年

ジョージスミスはグレンリヴェット蒸留所を設立しました。

 

1825年

最初の豪華なロンドンのジン宮殿が建設され始めました。彼らは豪華なスタイルで飾られています。その後、1836年に、チャールズディケンズは、「私たちが残したばかりの暗闇や汚れとは対照的に、完全に眩しい」と述べました。

サンデマン港が生産されています。

 

1827年

オックスフォード大学の学生は、最初に知られているアルコール飲料のレシピ本、オックスフォードナイトキャップ:大学でさまざまな飲料を作るためのレシピ集を出版しています。基本的に、大学生は、パーティーができるようにレシピの本をまとめるのに時間をかけたことでクレジットされています。彼らはほぼ100年間、いくつかの版を発行しています。ここをクリック 中を見る。

 

Ballantineのブレンドスコッチが生産されています。

 

1830年

タリスカースコッチとタンカレージンが生産されています。

 

1843年

 チャールズ・ディケンズはマーティン・チャズウィットに次のように書いています。 。 。知人の私的な紳士よりも多くのタバコを吸い、ラム酒、ミントジュレップ、ジンスリング、カクテルを飲みます。」

 

クルボアジェコニャックが生産されています。

トム&ジェリーのホットカクテルは、Symbol and OddFellow'sMagazineで紹介されています。

 

1844年

ノイリー社が製造したドライベルモットは、ニューオーリンズを経由してアメリカで最初に導入されました。

 

1846年

デュワーズのブレンドスコッチウイスキーが確立されました。

オールボーのアクアビットはノルウェーで生産されています。

 

1850年

ツーピースカクテルシェーカーの最初の既知の公開されたイラストは、ロンドンニュースで見られます。

 

1851年

WalterとAlfredGilbeyがGilbey'sGinDistilleryをオープンしました。

 

1852年

 ジョセフサンティーニは、1843年にオープンしたバーで、ニューオーリンズのブランディクラスタを発明しました。

「南の宝石」

 

 

1853年

ニューヨークのバーキーパーであるジョージ・サラが、チャールズ・ディケンズの週刊誌24ページのジャーナルHouseholdWordsでバーキープについて語っています。この記事では、バーキープと彼のアシスタントを、学者の紳士、熟練した芸術家、熟練した曲芸師、マスターマジシャン、そしてグラスを投げたりボトルを投げたりするボトルコンジュラーとして説明しています。

 

1854年

カナディアンクラブウイスキーが生産されています。

 

1856年

「ミクソロジスト」という言葉は、 KnickerbockerまたはNew- YorkMonthlyMagazineで最初に造られました。

 

London Weekly Dispatchは、ニューヨークタイムズ紙の言葉を引用しています。「男性が発するすべての文は、ジュレップまたはコブラーで湿らせなければなりません。人生のすべての事柄は飲み物で始まりそして終わります。」

 

1858年

シーグラムのVOウイスキーが生産されています。

 

1859年

アメリカのバーテンダー、ジェリー・トーマスは、1862年に出版された彼の最初の本に取り組み始めました。

 

1860年

カンパリ GaspareCampariによって紹介されました。

 

1862年

Jerry Thomasは、最初に知られているアメリカのカクテルレシピ本、 Bar-Tender's Guide、How to Mix Drinks、またはBon-Vivant'sCompanionを出版しています。

本をクリックしてください 中を見る。

 

カクテルピンクジンは、アンゴスチュラビターズがグレートロンドンエクスポジションに展示されたときにロンドンで発明されました。

 

1863年

GEロバーツはカップとその習慣を公開しています。本をクリックして中を見てください。ビリー「ブリー」ドーソンという名前の生意気なパンチメーカーについての段落があります

つまり、 何かを見たり、したり、考えたりする人 彼がパンチを作っている間、マトンヒルの北西航路を探すのもよいでしょう。 。 。私は他に何もしないので、良いパンチを作ることができます。これが私のやり方です。私は自分の材料を仕分けして、孤独なコーナーに引退します。それらは次のとおりです。そして私はそれらをここに書かれている順序で混ぜます。砂糖、12の許容できる塊;お湯、1パイント;レモン、2つ、ジュースと皮;古いジャマイカのラム酒、2つのえら。ブランデー、1ギル;ポーターまたはスタウト、半分の鰓;アラック、わずかなダッシュ。私は5分間、前述の比率でボウルを作るのを待ちます。実際に泡立つまで材料を供給するときに、混合物を注意深くかき混ぜます。そして、カンガルー!なんて美しい!ここの段落を読んでください。

 

1864

ジョージプルマンは、鉄道の寝台車、食堂車、カクテルを提供するラウンジカーを設計しています。

 

1865年

ジョニーウォーカーの息子であるアレクサンダーウォーカーは、オールドハイランドブレンドスコッチウイスキーを開発しています。

 

1867年

スコットランド人のラウフリンローズは、甘くしたライムジュースを紹介し、ローズのライムコーディアルと名付けました。 1879年までに、彼はパッケージを完成させました。

 

ジョージディッケルは彼の蒸留所を建てます。

ハーパーの新しい月刊11月号は、500本のシェリー酒が

フランスの博覧会ユニバーセルでシェリーコブラーを1フランで販売するために、1日でオープンしました。 1フランスフランは2018年の通貨で13ドルに相当します。

 

1868年

アメリカのカクテルとカクテルシェーカーに関する記事は、2つの英国の出版物に掲載されています。英国の定期刊行物のNotes and QueriesとMeliora:A Quarterly Review ofSocialScienceです。

 

1869年

イギリス人のウィリアム・テリントンは、クーリングカップと可憐な飲み物:「カップ」とその他の複合飲料のレシピのコレクション、およびあらゆる種類の飲料に関する一般情報を公開しています。彼は1872年に第2版を出版し続けます。中を見るには本をクリックしてください。

 

J. Haneyは、Haney's Steward andBarkeepersManualを発行しています。

マーク・トウェインは、彼の回想録「イノセント・アブロード」でシャンパンカクテルについて言及しています。

 

アメリカの作曲家ジョセフ・ウィナーが酒を飲む歌「茶色の小瓶」を書いた。スピリッツのジンとラム酒について言及しています。 70年後、バンドリーダーのグレンミラーは彼のスイングオーケストラでそれを録音しました。

 

1872年

リレが生産されています。

 

1873年

オーストリアのウィーンで開催された世界博覧会では、アメリカの展示会では、ネイティブアメリカンのバーテンダーが3本の円形のバーの後ろでカクテルを作っている巨大なウィグワムがあります。博覧会のロタンダバーは、カクテルに新しい何か、ストローを紹介します。

 

1874年

Criterionレストランと劇場はロンドンにアメリカンバーとともにオープンしています。装飾は鏡と白い大理石で構成されています。

 

Fundadorスペインブランデーが生産されています。

 

英国にいる間、マーク・トウェインは妻のリヴィに手紙を書き、スコッチウイスキー、アンゴスチュラビターズ、レモン、砕いた砂糖の4つの材料を集めました。彼は消化を助けるために外科医の提案で朝食、夕食、そしてベッドの前にこのカクテルを飲んでいます。

 

1875年

HL Wは、AmericanBar-TenderまたはTheArt and Mystery ofMakingDrinksを公開しています。

ジャックダニエル蒸留所が設立されました。

 

1878年

L.エンゲルはアメリカンドリンクとその他のドリンクを出版しています。

 

1879年

OH Byronは、The ModernBartender'sGuideを発行しています。

J. Kirtionは、酔わせる飲み物:その歴史と謎を公開しています。

グランドホテルストックホルムはアメリカンバーをオープンします。

マイヤーズダークラムが生産されています。

 

1880年代

CocktailàlaLouisianeレストランは、ニューオーリンズでCocktailàlaLouisianeを発明しました。

 

1882年

ハリージョンソンは、ハリージョンソンのバーテンダーマニュアルまたは現在のスタイルの飲み物を混ぜる方法を公開しています。

本をクリックして中を見てください。

 

マンハッタンカクテルの最初の既知の言及は、ニューヨーク州オレアンのサンデーモーニングヘラルドに登場します。

 

1884年

EJ Hauckは、スリーピースカクテルシェーカーの特許を取得しています。

 

New York G. Winter Brewing Companyは、一流のサルーン用のガラス製品のリストを公開しています。バーテンダーガイドには、必要な25種類以上のガラス製品が記載されています。

 

1887年

Jerry Thomasは、 TheBar-TendersGuideまたはHowtoMix All Kinds of Plain andFancyDrinksの第2版を発行しています。

 

C.ポールはアメリカンドリンクを出版しています。

 

1888年

ヘンリーチャールズ「カール」ラモスは、ニューオーリンズでラモスジンフィズを発明しました。

H. Lamoreは、TheBartenderまたはHowtoMixDrinksを公開しています。

 

1890年代

Jules Alciatoreは、ニューオーリンズでCaféBrûlotDiabolique(Devilishly Burned Coffee)を発明しました。

 

1891年

Henry J. Wehmannは、Wehmann'sBartendersGuideを発行しています。今日まで、この本にはマティーニレシピへの2番目の既知の参照があります。

 

William T. Boothbyは、 CocktailBoothbyのAmericanBartenderを公開しています。

 

1892年

「唯一のウィリアム」シュミットは、流れるボウル—何をいつ飲むかを公開しています。 4年後、彼は2冊目の本「 FancyDrinksandPopularBeverages 」を出版しました。シュミットの本は、当時の他のすべてのカクテルセレブの本とは異なりました。彼のレシピでは、トニックリン酸塩、カリサヤ(イタリアのハーブリキュール)、クリームドローズ、さらにはナツメグにステンシルを塗る付け合わせなどの珍しいアイテムが必要でした。彼は紙にクリスマスカクテルを掲載し、5ドルのカクテル(2018年の通貨で140ドル)を作成しました。100%確認されたわけではありませんが、非常に信頼されていますが、彼は最初に知られているゲイの有名人バーテンダーでした。本をクリックして中を見てください。

 

ジョージ・カッペラーは、ニューヨークのホランドハウスホテルでウィドウズキスを発明しました。

 

GF Heubleinは、「世界のどのバーよりも家庭で提供されるよりも優れたカクテル」というタグラインを付けて、最初の市販のマンハッタンとマティーニのボトル入りカクテルを製造しています。

Cornelius Dunganは、ダブルコーンジガーの特許を取得しています。

 

1895年

CF Lawlorは、Mixicologistまたはあらゆる種類のファンシードリンクをミックスする方法を公開しています。

ジャックダニエルは、有名な四角いボトルで瓶詰めを始めます。

RC Millerは、AmericanBarTenderを公開しています。

 

George J. Kapplerは、Modern American Drinks:How to Mix and Serve all Kinds of CupsandDrinksを公開しています。

 

1897年

ロブロイはニューヨークのフィフスアベニューホテルで紹介されています。

 

サートーマスデュワーとフレドリックグラスアップは、ニューヨーク市でデュワーズスコッチの商業映画をリリースしました。これは、1321ブロードウェイのヘラルドスクエアのキャンバススクリーンに映し出されています。

 

これは、映画に登場する最初のアルコールコマーシャルです。

 

1898年

ロンドンのサボイホテルはアメリカンバーをオープンします。

ワード8カクテルはボストンで発明されました。

 

1899年

スウェーデンが最初のアメリカンバーをオープン。

8cdc81be0cd9b6e83f9dcbf95346c3d3.jpg

1551年の絵画 ピーテル・アールツェン|パブリックドメイン

1280px-Pieter_Aertsen_005.jpg

1552年の絵画 ピーテル・アールツェン|パブリックドメイン

pict1big-ceb3dfa2-b899-4344-91ef-62db445

歴史的な居酒屋 プラハで。 http://www.czech-tourist-service.eu 

Hampel-115109001-b.jpg

1575年の絵画 ピーテル・アールツェン|パブリックドメイン

0fa17d42553ec4a8d55d2547054b13a4.gif

1552 年の本からConstelijckDistilleer フィリップス・ヘルマニによる |パブリックドメイン

Prince's_Day,_by_Jan_Steen.jpg

JanSteen1625による絵画|パブリックドメイン

1.jpg

JanSteen1625による絵画|パブリックドメイン

John_Harvard_statue.jpg

ジョンハーバード |  alainedouard [CC BY-SA 3.0 またはGFDL、ウィキメディアコモンズ経由

1600px-Monteith_MET_SF08_166_26.jpg

モンテイスボウル| メトロポリタン美術館[CC0]​

19_05 copy.jpg

アメリカ最古の蒸留所の9代目オーナー、リサ・レアードからの写真、

maderia.jpg

独立宣言の署名 マデイラで乾杯されています。

ベンジャミン・フランクリンの飲酒辞書のページ おかしなco.blogspot.com

ben franklin drinker's dictionary pennsy
ben franklin drinker's dictionary pennsy
ben franklin drinker's dictionary pennsy
Eliza_Smith_The_Compleat_Housewife.jpg

エリザ・スミスの本パブリックドメイン ウィキメディアコモンズ経由

Screen Shot 2018-11-11 at 11.03.56 PM.pn
5cb5dad449ec69e585b471f82d4120db.jpeg
1024px-Five_bartenders_behind_St._Charle

パブリックドメイン ウィキメディアコモンズ経由

twain2.jpg
Edouard_Manet,_A_Bar_at_the_Folies-Bergè

エドゥアール・マネ著-美術館のページ、パブリックドメイン

Mint Julep.jpg

スーザン・ブルゴインによるミント・ジュレップの写真| VisualCuisines.com

first-mention-word-cocktail-1803-960x576

から 31dover.com

balance3.jpg

から imbibingculture.blogspot.com

エリザベスハモンドの現代家庭料理の本。本をクリックしてbiblio.comから購入してください

01_02 copy.jpg

1851年のニューオーリンズ。ニューオーリンズは、世界のどの都市よりも多くのカクテルを生み出しました。 1800年代には、この時期に提供されたカクテルには、  Roffignac、Brandy Crusta、 CocktailàlaLouisiane とサゼラック。その他の人気のカクテルには、ミントジュレップ、オールドファッションド、ミルクパンチなどがあります。裕福な人のために、凍った湖や池からの氷利用できました。  エベレットヒストリカル/シャッターストック

1867年にフランスを訪問中のブランデークラスタの発明者、ジョセフサンティーニ。写真はダイアナリーマン(サンティーニの曾孫娘)から私に与えられました

JosephSantini-Retouched_Back.jpg
Screen Shot 2018-11-12 at 12.12.48 AM.pn
Screen Shot 2018-11-12 at 12.22.51 AM.pn
Screen Shot 2018-11-12 at 12.26.29 AM.pn
Screen Shot 2018-11-12 at 12.38.56 AM.pn
Screen Shot 2018-11-12 at 12.44.15 AM.pn
Screen Shot 2018-11-12 at 12.35.20 AM.pn

1900s–2000s

The Waldorf-Astoria in New York City had been open for seven years and set the standard for quality cocktails around the world. Drink making was appreciated and bartending was an art form. The hotel bar never published a cocktail book, but newspaperman and barfly Albert Crockett published The Old Waldorf-Astoria Bar Book in 1931 and 1935, which gives us a glimpse into that era. In the early 1900s, breweries owned most saloons, barkeeps made $15 a week ($400 in 2018 currency), and Sunday was the busiest day of the week. On January 16, 1920, the American Prohibition started, then ended December 5, 1933. The stock market crashed, media popularized cocktails, many brands were produced, discotheques increased sales, the drinking age changed twice, the AIDS epidemic hit, the stock market crashed again, and strict drinking and driving laws confused imbibers for several years—as a result of all this upheaval, the quality of cocktails sunk to an all-time low.

 

 

There were also five significant wars in the 1900s that affected imbibing Americans: World War I, World War II, Korean War, Vietnam War, and the Gulf War. The millennium brought the skankification of women in rap music videos, the increase of Cognac sales, half-dressed female bartenders dancing on bar tops, the Cosmopolitan and the Mojito became the most popular cocktails in the world, embarrassing Martini bars popped up—but—the most important development is that the cocktail culture renaissance seeds were planted.

 

More technology happened in during this time than 10,000 years combined. Some inventions in this century include electricity, the blender, the juicer, refrigeration, air-conditioning, the phonograph, radio, the eight-track player, the cassette tape, the compact disc, the boom box, the Walkman, DVDs, iTunes, the automobile, the airplane, the helicopter, the spaceship, motion picture theaters, talkies, drive-in theaters, television, VCRs, special-effects blockbusters, DVRs, online television, the camera, the video camera, neon lights, the zipper, stainless steel, canned beer, the telephone, the cellular phone, the smartphone, texting, the microwave, the calculator, robots, the ballpoint pen, medical discoveries, the fax machine, the pager, the computer, the Internet, Skype, the Hubble space telescope, and social media.

 

Names of bars, saloons, and clubs in the 1900s–2000s include Fox and Hound, Filthy McNasty’s, Fuzz & Firkin, Slug and Lettuce, Snooty Fox, Ciro’s, Chez Victor, the Ohio Club, the Ritz, Whiskey A Go-Go, Stork Club, the Tiki Lounge, VooDoo Lounge, the Palace Saloon, Sloppy Joe’s, Studio 54, Le Freak, Disco Inferno, Cabaret, Electric Cowboy, the Rainbow Room, the Starlight Room, the Velvet Tango Room, Coyote Ugly, Angel’s Share, Absinthe Brassiere & Bar, and Milk & Honey, PDT, Death & Co, Honeycut, Clover Club, Bourbon & Branch, Canon, Revel, Employees Only, the Violet Room, Three Dots and a Dash, and the Dead Rabbit.

 

Drinking words heard include “acting like a fool,” “baked,” “bashed,” “blasted,” “blitzed,” “blown away,” “bombed,” “bonkers,” “buzzed,” “canned,” “creamed,” “crocked,” “done,” “double vision,” “fried,” “gone,” “hammered,” “high,” “liquored up,” “lit,” “party animal,” “three sheets to the wind,” “shitfaced,” “slave to drink,” “stoned,” “tipsy,” “toasted,” and “wasted.”

 

Brands and spirits launched in the 1900s–2000s are too many to mention, but include Cutty Sark Scotch, Havana Club rum, Jägermeister, Kahlúa, B&B, Crown Royal, Don Julio tequila, Captain Morgan spiced rum, Irish Mist, Yukon Jack, Finlandia vodka, Stoli vodka, Midori melon liqueur, Baileys Irish cream, Zacapa rum, Absolut vodka, Chambord, Peachtree schnapps, Bartles & Jaymes wine coolers, Absolut Peppar, Absolut Citron, Bombay Sapphire, Gentleman Jack, Patron Tequila, Guinness in cans, Johnnie Walker gold, Crown Royal Reserve, Skyy vodka, Wild Turkey Rare Breed, Grey Goose vodka, Belvedere vodka, Tito’s vodka, Redrum, Plymouth gin, Three Olives vodka, Smirnoff Ice, Van Gogh gin, Hendrick’s gin, Jack Daniel’s single barrel, Bulleit Bourbon, and Smirnoff flavored vodkas, Ancho Reyes Chile liqueur, Ford’s gin, Chambord vodka, Zucca Amaro, St. Germain Elderflower Liqueur, Stiggins Plantation pineapple rum, and Sipsmith gin.

 

Early 1900s

The Pisco Sour is invented in Peru.

 

1900

Harry Johnson publishes Harry Johnson’s Bartenders’ Manual or How to Mix Drinks of the Present Style.

 

William T. Boothby publishes the second edition of Cocktail Boothby’s American Bartender.

 

1902

Louis Eppinger invented the Bamboo Cocktail in Yokohama, Japan.

 

1903

Edward Spencer publishes The Flowing Bowl. Click on the book to look inside.

Tim Daly publishes Daly’s Bartenders’ Encyclopedia.

 

1904

Frederick J. Drake and Company publishes a vest-pocket recipe book, Drinks as They Are Mixed. The recipes were gathered by leading Chicago bartenders. 

 

John Applegreen publishes Applegreen’s Bar Book. This book contains a recipe for a Martini Cocktail.

 

Paris Ritz bartender Frank P. Newman publishes American-Bar Recettes des Boissons Anglaises et Américaine.

 

1905

Johnnie Solon invents the Bronx cocktail at the Waldorf-Astoria Hotel.

Charles S. Mahoney publishes The Hoffman House Bartender’s Guide.

 

1906
Louis Muckensturm publishes Louis’ Mixed Drinks. This is the first book in English calling for gin and vermouth for the Dry Martini recipe.

 

George J. Kappeler publishes Modern American Drinks: How to Mix and Serve All Kinds of Cups and Drinks.

 

1908

Hon. Wm. Boothby publishes The World’s Drinks and How to Mix Them Standard Authority. Click on the book to look inside.

 

1910

First in-flight cocktails are served to paying passengers on a scheduled airliner, on the Zeppelin flying over Germany.

 

1911

Sir Thomas Dewar erects the world’s largest mechanical sign (sixty-eight feet) advertising Dewar’s Scotch whisky on the Thames River embankment.

 

1912

Charles S. Mahoney publishes The Hoffman House Bartender’s Guide.

The Bartenders Association of America publishes Bartenders’ Manual.

 

1914

Jacques Straub publishes Drinks.

 

1915

The El Presidente cocktail is invented at Bar la Florida (Floridita) in Havana, Cuba.

 

1916

The first recorded cocktail party is hosted by Mrs. Julius S. Walsh Jr. from St. Louis, Missouri, and published in the St. Paul Pioneer Press newspaper mentioning cocktails: Clover Leafs, Highballs, Gin Fizzes, Bronxes, Martinis, and Manhattans.

 

Hugo R. Ensslin publishes Recipes for Mixed Drinks. The book mentions the first Aviation cocktail. Click on the book to look inside.

 

1917

Even though African Americans had been tending bar since the 1700s, Tom Bullock is the first known to publish a cocktail recipe book, The Ideal Bartender. Click on the book to look inside.

 

1919

Harry MacElhone publishes Harry’s ABC of Mixing Cocktails. One of the most popular cocktails is the White Lady.

 

American tourists love Italy’s Torino-Milano cocktail, so the name was changed to Americano.

 

The Grasshopper is believed to be invented at Tujague’s in New Orleans.

 

1920

The American Prohibition begins. Americans visit Cuba, Mexico, and Canada to drink legal cocktails.

Bertha E. L. Stockbridge publishes What to Drink.

 

The book This Side of Paradise by F. Scott Fitzgerald has the first known literary mention of the Daiquiri.

 

1922

Patrick McGarry invents the Buck’s Fizz at the Buck’s Club in London.

Harry MacElhone invents the Brandy Alexander at Ciro’s in London.

 

The Blood and Sand cocktail is created after Rudolph Valentino from the film of the same name.

 

It is believed that Fosco Scarselli creates the Negroni.

 

1923

Harry MacElhone invents the Monkey Gland at the New York Bar in Paris.

Bartender Frank Meier invents the Mimosa at the Ritz Hotel in Paris, France

 

1924

Harry MacElhone and O. O. McIntyre create the International Bar Flies at the New York Bar in Paris.

 

1927

Harry MacElhone publishes Barflies and Cocktails in Paris.

 

1928

Jerry Thomas’s book is republished (Thomas died in 1885) with the title The Bon Vivants Companion or How to Mix Drinks.

 

1930

Harry Craddock publishes Savoy Cocktail Book.

 

Greta Garbo stars in her first “talkie,” Anna Christie, and her first words are “Gimme a whiskey, ginger ale on the side.”

 

1932

The Napier Company produces a cocktail shaker with engraved recipes called the "Tells-You-How Mixer."

 

Davide Campari packages Campari and soda water in cone-shaped bottles.

 

1934

Walter Bergeron invents the Vieux Carré cocktail at the Carousel Bar in New Orleans.

Don the Beachcomber invents the Zombie in Hollywood, California.

 

The first Thin Man film is released starring William Powell and Myrna Loy. Cocktails seen include Martini, Bronx, and Knickerbocker. Powell says his famous line when showing the bartenders how to shake a cocktail: “The important thing is the rhythm. Always have rhythm in your shaking. Now, a Manhattan you shake to foxtrot time; a Bronx, to two-step time; a dry martini you always shake to waltz time.”

 

Jazz Bandleader and singer Cab Calloway releases the song “The Call of the Jitterbug.” The first line of the song is “If you'd like to be a jitterbug, first thing you must do is get a jug, put whiskey, wine, and gin within and shake it all up and then begin.

 

1936

The Bacardi Cocktail is the first and only cocktail to date to win a court case making it illegal to serve this cocktail without using Bacardi rum.

 

Kahlúa Mexican coffee liqueur is introduced.

 

1937

Constantino Ribaliagua Vert invents the Hemingway Special (Papa Dobl) at Bar la Florida (Floridita) in Havana, Cuba.

 

1939

The Zombie is served at the 1939 New York World’s Fair.

Crown Royal is introduced. It was created for Queen Elizabeth’s visit to Canada.

 

1940s

The Moscow Mule is invented.

 

1942

It is believed that Pat O’Brien invents the Hurricane in New Orleans.

Joseph Sheridan invents the Irish Coffee at Foynes Airbase in Limerick, Ireland.

It is believed that the Rusty Nail is invented in Hawaii.

The film Casablanca is popular and many cocktails are seen in Rick’s Bar.

 

1944

Trader Vic invents the Mai Tai in Oakland, California.

 

1945

The Andrews Sisters release the song “Rum and Coca-Cola” and it becomes the #1 song in America. Radio stations ban the song, which makes it even more popular.

 

Giuseppe Cipriani invents the Bellini at Harry’s Bar in Venice, Italy, but does not name it until 1948.

 

Victor Bergeron publishes Trader Vic's Bartender’s Guide.

 

1948

The Margarita becomes the official drink of Mexico.

 

A small group of California bartenders—who were overseas members of the United Kingdom Bartenders’ Guild—start a California branch of that organization in the Los Angeles area.

 

Gustave Tops invents the Black Russian at the Hotel Metropole in Brussels.

 

The first known mention of a cocktail on a radio show is heard. Guests at a party order Stingers from the butler on The Whistler radio drama show, “Guilty Conscience”. Several references are made to their intoxicating strength.

 

1952

Stanton Delaplane brings the Irish Coffee to the Buena Vista Cafe in San Francisco. Today they sell over 2,000 a day.

 

1953

Ian Fleming writes about a fictional character named James Bond. In chapter seven, Bond orders a Dry Martini served in a deep champagne goblet with three measures of Gordon’s gin, one of Gordon’s vodka, and half a measure of Lillet dry vermouth, then shaken very well until ice-cold, and topped with a garnish of lemon peel. This is the first reference to combining both vodka and gin in a Martini. It is named Vesper.

 

1954

The Piña Colada is invented at the Caribe Hilton’s Beachcomber Bar in San Juan, Puerto Rico.

 

1955

The Rat Pack, headed by Frank Sinatra, glamorizes cocktails by holding them on stage and during TV performances

 

1957

Harry Yee invents the Blue Hawaii at the Hawaiian Village on the Island of O’ahu.

The Piña Colada becomes Puerto Rico’s official drink by winning a global award.

 

1951

The International Bartenders Association (IBA) is started.

 

1960

The first Playboy Club opens at 116 East Walton in Chicago and becomes the busiest bar in the world, often serving 1,400 guests a day. Cocktails cost $1.50 ($13 in 2018 currency).

 

1961

Come September starring Rock Hudson, Bobby Darin, and Sandra Dee was the very first film shown on transcontinental and intercontinental flights. Hudson 

drinks a Martini for breakfast. The servant asks him if there is anything else he may want and Rock replies, “an oliveThe best scene is when Rock tends bar and serves Bobby Darin and his friends brandy. 

 

1962

The first James Bond film, Dr. No, shows Sean Connery making a Smirnoff Martini in his hotel room and ordering Vodka Martinis shaken not stirred. In today’s terminology—it went viral. He also orders a Vodka Martini when visiting Dr. No.

 

 

 

 

1965

Alan Stillman opens a New York City bar and grill as the first public cocktail party hang and names it TGI Friday’s (Thank God It’s Friday). Lifetime magazine credited Friday’s with ushering in the Singles Era and within six months of opening, Stillman was written up in Time, Newsweek, and the Saturday Evening Post. Before then, there was not a place for twenty- and thirty-somethings to meet except for cocktail parties held around the city in homes and apartments. Stillman painted the building blue, put up red-and-white-striped awnings, bought the staff red-and-white-striped shirts, threw sawdust on the floor, hung up some Tiffany lamps, and added brass railings. Many creative, fun, and party cocktails were birthed in TGI Friday’s.

 

1966

India’s ambassador B. N. Chakravarty says, “Americans are a funny lot. They drink whiskey to keep warm; then they put some ice in to make it cool. They put sugar in to make it sweet; and then they put a slice of lemon in it to make it sour. Then they say, ‘Here’s to you’ and drink it themselves.”

 

1969

Bobby Lozoff invents the Tequila Sunrise in Sausalito, California, while tending bar at The Trident.

 

1972

Robert “Rosebud” Butt in Long Island, New York, invents the Long Island Iced Tea while tending bar at Oak Beach Inn.

Stolichnaya vodka is introduced.

The TV show M*A*S*H debuts. The lead doctor characters, Hawkeye and Trapper John, drink Martinis from the still they built in their quarters.

 

1973

After the Vietnam War, TGI Friday’s begins franchising all over the world and actually stays a fresh bar until the late 1970s. TGI Friday’s set a standard when it came to training staff. They had a reputation for the most challenging training programs for any chain restaurant/bar in the world. They created the first bartender gods since the beginning of Prohibition. TGI Friday’s bartenders also started flair bartending, which led to the 1988 Tom Cruise film Cocktail.

 

Jose Cuervo puts the recipe for a Tequila Sunrise on the back of their bottle, then three months later the Eagles release their hit song “Tequila Sunrise.”

 

1974

Baileys Irish cream is introduced and new drinks created include the Mississippi Mudslide and B-52.

 

1975

In the fall, Neal Murray creates the first known Cosmopolitan 

 

1977

Jimmy Buffett releases the song “Margaritaville,” making the Margarita the most popular drink of the year—and it has stayed in the top ten since.

 

Stan Jones publishes the Jones’ Complete Barguide.

 

The first known newspaper mention of a Kamikaze was in the February 1 issue of the Minneapolis Star.

 

1978

Midori melon liqueur is launched to create the Melon Ball for the wrap party of Saturday Night Fever at Studio 54. Midori Sours become popular.

 

1979

The Piña Colada is popular due to Rupert Holmes’s Piña Colada song, Escape.

Absolut vodka is introduced.

 

Ray Foley publishes Bartender Magazine.

 

1981

Neal Murray (1975 inventor of the Cosmopolitan) introduces San Francisco to the Cosmopolitan at the Elite Café (2049 Fillmore Street). Murray works as a server, but teaches bartender Michael Brennan how to make it so Murray can serve it to customers.

 

1982

Schumann’s Cocktail Bar opens in Munich, Germany.

 

1984

Peachtree schnapps and Captain Morgan spiced rum are introduced.

The Fuzzy Navel becomes popular.

 

Earl Bernhardt and Pam Fortner invent the Hand Grenade® for the 1984 Louisiana World Exposition.

 

The Sex on the Beach cocktail becomes popular.

Heywood Gould releases the novel Cocktail.

 

1985

General Manager of the Fog City Diner in San Francisco, Doug "Bix" Biederbeck, hires Neal Murray as a bartender where he makes his Cosmopolitan making the cocktail even more popular.

 

Balladeer and researcher Tayler Vrooman was fascinated with songs from the 1600s and 1700s and released his album Baroque Bacchanalian. On the album, there are songs about drinking with titles that include “Come Let Us Drink About,” “Good Claret,” “The Delights of the Bottle,” and “The Thirsty Toper.”

 

1986

Chef Paul Prudhomme invents the Cajun Martini in New Orleans.

 

TGI Friday’s makes a bartender video of company bartenders John “JB” Bandy, John Mescall, and “Magic” Mike Werner. Later in the year, the company holds the first flair bartending competition in Woodland Hills, California, and calls it Bar Olympics. John “JB” Bandy wins. Check out my Flair Bartending page.

 

Absolut launches their first flavored vodka, Absolut Peppar.

 

1987

After Touchstone Productions interviews thirty-four bartenders, they chose John “JB” Bandy to be the flair instructor for Tom Cruise and Bryan Brown for the 1988 film Cocktail.

 

In October, bartender Patrick “Paddy” Mitten brings the Cosmopolitan cocktail to NYC from San Francisco and begins serving it at the Life Café (343 E 10th Street B).

 

1988

Cocktail the film starring Tom Cruise as a bartender, ignites flair bartending around the world.

 

Absolut Citron, Bombay Sapphire, Gentleman Jack, and Guinness in cans are introduced.

Dale “King Cocktail” DeGroff begins a gourmet approach to cocktails at the Rainbow Room in New York City.

 

1989

Unaware of any other cocktail called a Cosmopolitan, Cheryl Cook creates the Miami Beach Cosmopolitan in March 1989.

 

Kathy Casey from Seattle, Washington, pioneers the bar chef movement.

 

The world’s longest bar is installed at the Beer Barrel Saloon in South Bass Island, Ohio.

The bar has 160 barstools and is 405’ and 10” long (that's 45’ and 10” longer than a football field).

 

1990

The first Portland, Oregon, fresh classic bar, Zefiro, opens.

 

1991

Gary Regan publishes The Bartender’s Bible.

Wild Turkey Rare Breed is introduced.

Charles Schumann publishes Schumann’s American Bar Book.

 

Chuck Rohm is the first cocktail related website on the Internet. He sells a VHS flair bartending video on his site bottlesup.com. See my First Websites page.

 

1992

Cocktail godfather Paul Harrington is recognized in San Francisco for making classic cocktails. See my Craft Cocktail Timeline page.

 

Absolut Kurrant, Johnnie Walker Gold, and Crown Royal Reserve are introduced.

 

1993

The first known cocktail recipe book to list the Cosmopolitan cocktail is The Complete Book of Mixed Drinks by Anthony Dias Blue. Blue credits Julie’s Supper Club in San Francisco for the recipe.

 

Straight Up or On the Rocks is published by William Grimes.


1994

Scotland celebrates 500 years of whisky production.

 

On Wednesday, November 16 in The Central New Jersey Home News (New Brunswick, New Jersey) the first known recipe for a Cosmopolitan is published in a newspaper. The recipe was contributed by Dale DeGroff.

 

1995

The first World Wide Web cocktail-related sites begin to be launched. View them all on my First Websites page.

Bacardi Limon rum is introduced.

Steve Olson begins teaching “Gin Cocktail Clinics” helping consumers make fresh and classic cocktails in their homes.

 

1996

Sammy Hagar’s Cabo Wabo Tequila and the first organic vodka, Rain, are introduced.

Paulius Nasvytis opens the classic cocktail bar the Velvet Tango Room in Cleveland, Ohio.

The Corona Limona becomes popular (a shot of Bacardi Limon rum in a Corona beer).

 

The film Swingers shows characters drinking classic cocktails and quality booze, which helps set the tone for the germinating craft cocktail movement.

 

1997

Quench, on the Food Network, brings cocktails to TV.

Simon Difford’s Class Magazine is launched.

Grey Goose vodka and Chopin vodka are introduced.

Jared Brown and Anistatia Miller publish Shaken Not Stirred: A Celebration of the Martini.

Gary Regan publishes New Classic Cocktails.

 

1998

Paul Harrington and Laura Moorhead publish the game-changing Cocktail: The Drinks Bible for the 21st Century.

 

On April 9, the first known Cosmopolitan cocktail is seen and mentioned on a television show was written into the show ER by Linda Gase. The season 4 episode 17 is called “A Bloody Mess.”

 

Patrick Sullivan opens B-Side Lounge, which is considered Boston’s first fresh classic cocktail bar.

 

Tony Abou-Ganim is hired to bring classic fresh cocktails to all twenty-three bars at Bellagio in Las Vegas.

 

The first known videogame to mention a cocktail is Metal Gear Solid when Nastasha Romanenko says that a Stinger is her favorite cocktail.

 

On July 19, season one, episode seven “The Monogamists,” the Cosmopolitan cocktail was first mentioned on the HBO show Sex and the City. The voice over of the character Carrie Bradshaw read: “That afternoon I dragged my poor, tortured soul out to lunch with Stanford Blach and attempted to stun it senseless with Cosmopolitans.” See my Cosmopolitan Cocktail History page.

 

1999

Smirnoff Ice, Absolut Mandarin, Van Gogh gin, Hendrick’s gin, and Jack Daniel’s Single Barrel are introduced.

 

Tommy’s Mexican Restaurant ran by Julio Bermejo in San Francisco becomes the number-one tequila bar in America.

 

David Wondrich begins to update the online version of Esquire’s 1949 Handbook for Hosts.

 

Ted A. Breaux becomes the first to analyze vintage absinthe using modern science, the results sparking a paradigm shift in our understanding of the infamous spirit.

 

Sasha Petraske opens Milk & Honey on New Year’s Eve in New York City.

 

In the second season of the HBO TV show Sex and the City, the Cosmopolitan becomes the new worldwide hottest cocktail due to being seen in ten episodes and verbally mentioned in three episodes. It pairs nicely with the flavored Martini craze and Martini bars found in all major cities that offered 200+ flavored Martinis on their menus.

 

2000s

The film Coyote Ugly shows scantily clad cowgirl bartenders slinging whiskey and dancing on the bar top.

 

Tanqueray 10, Alizé, Tequiza, Smirnoff Twist flavored vodkas, and Wild Turkey Russell’s Reserve is introduced.

 

The Beekman Arms of Rhinebeck in New York is the oldest continuously operating tavern in America.

 

2001

Hpnotiq plans to launch on September 11, but America is attacked, so the launch takes place months later.

 

Gary Regan begins conducting a series of two-day bartender workshops called Cocktails in the Country.

 

2002

After forty years, James Bond makes another cocktail popular around the world. Pierce Brosnan (Bond) holds a Mojito in Cuba and then hands it to an orange bikini-clad Halle Berry—overnight, it revives the classic Mojito and is still one of the most ordered cocktails in the world today. Bartenders are bombarded with drink requests and 99 percent of them do not have one mint leaf behind the bar.

 

Dekuyper Sour Apple Pucker is introduced.

 

Dale “King Cocktail” DeGroff publishes the book that officially kicks off the craft cocktail movement, The Craft of the Cocktail: Everything You Need to Know to Be a Master Bartender. See my Craft Cocktail Timeline page.

 

The Appletini becomes popular.

 

The first cocktail festival, Tales of the Cocktail is launched in New Orleans.

 

William Grimes publishes Straight Up or On the Rocks: The Story of the American Cocktail.

Jeff “Beachbum” Berry publishes Intoxica.

Kevin Brauch hosts the drinking travel series TV show The Thirsty Traveler.

The first known film to show and mention a Cosmopolitan cocktail is Juwanna Mann.

 

2003

Julie Reiner opens Flatiron Lounge, the first high-volume craft cocktail bar in New York City.

Colin Peter Field publishes The Cocktails of Ritz Paris.

 

Alan Jackson and Jimmy Buffett release the song  “It’s Five O’clock Somewhere,”

The chorus starts with, “Pour me somethin’ tall an’ strong, make it a Hurricane before I go insane.” The flair bartender in the music video is Rob Husted from flairbar.com.

 

Absolut vanilla and Blavod black vodka are introduced.

Gary Regan publishes The Joy of Mixology.


The first known song to mention a Cosmopolitan cocktail is “Cosmopolitans” written and performed by Erin McKeown.

 

2004

The Museum of the American Cocktail is founded in New Orleans by Dale and Jill DeGroff, Chris and Laura McMillian, Ted Haigh, Robert Hess, Phil Greene, and Jared Brown and Anistatia Miller.

 

Absolut Raspberri is introduced.

Ted Haigh publishes Vintage Spirits and Forgotten Cocktails.

The award-winning bar Employees Only opens in New York City.

Jeff “Beachbum” Berry publishes Taboo Table.

 

2005

Sasha Petraske opens Little Branch in New York City.

 

Captain Morgan Tattoo, Absolut Peach, Starbuck’s coffee liqueur, Barsol pisco, Cognac Toulouse-Lautrec X.O., Baileys Caramel, Baileys Chocolate Mint, and NAVAN

are introduced.

 

In September, University of Pennsylvania archaeochemist Patrick McGovern announces the discovery of 5,000-year-old Mesopotamian earthenware from the banks of the Tigris between Iran and Iraq that contain traces of honey, barley, tartaric acid, and apple juice. McGovern described this cocktail as “grog.”

 

Audrey Saunders opens Pegu Club in New York City.

Heavy Water vodka from Anistatia Miller and Jared Brown is introduced.

David Wondrich publishes Killer Cocktails.

 

2006

CMT airs a reality show called Inside the Real Coyote Ugly. Ten women are chosen out of one thousand to learn how to bartend Coyote Ugly–style.

 

Karen Foley publishes the award-winning drinks magazine Imbibe.

 

Oprah Winfrey and Rachael Ray make a Lemon Drop Martini and a Pomegranate Martini on the Oprah Winfrey Show. Bartenders all over America are asked for these cocktails.

 

The Jäger Bomb becomes popular.

 

Sasha Petraske, Christy Pope, and Chad Solomon start Cuffs & Buttons—a beverage consultant and catering company.

 

X-Rated Fusion, 10 Cane rum, Gran Patrón Platinum 100 percent Agave Tequila, Michael Collins Irish single malt, Rhum Clément V.S.O.P. rum, Rittenhouse 21, Skyy 90, Yamazaki 18, and Domaine Charbay Pomegranate vodka are introduced.

 

Jamie Boudreau opens the craft bar Vessel in Seattle, Washington.

Wayne Curtis publishes And a Bottle of Rum: A History of the New World in Ten Cocktails.

Camper English pioneers “directional freezing” to make perfectly clear ice.

San Francisco Cocktail Week starts its first year.

 

Jared Brown and Anistatia Miller publish Mixologist: The Journal of the American Cocktail Vol. 1.

 

Dale “King Cocktail” DeGroff, Steven Olson, Doug Frost, Paul Pacult, David Wondrich, and Andy Seymour open Beverage Alcohol Resource (BAR) in New York City.

 

The bartenders of Absinthe Brassiere & Bar publish Art of the Bar.

 

Dave Kaplan and Alex Day open Death + Co. on New Year’s Eve in New York City.


2007

Lucid absinthe becomes the first wormwood absinthe allowed back into the United States after being banned for ninety-five years.

 

Sean Combs launches Ciroc vodka.

Tony Abou-Ganim publishes Modern Mixology.

The TV show Mad Men debuts and sparks a worldwide interest in classic cocktails.

 

Jim Meehan opens PDT in New York City, and the telephone booth entrance creates headlines.

 

Eric Seed brings crème de violette back into America after being unavailable for almost ninety years.

 

St. Germain Elderflower Liqueur, Chivas Regal 25, Absolut New Orleans, Kubler absinthe, Appleton Estate Reserve, 360 vodka, Grey Goose Le Poire, and Tanqueray Rangspur are introduced.

 

Greg Boehm begins to reproduce and publish vintage cocktail books.

 

Don Lee invents fat washing by infusing bacon with Bourbon and creates the Benton’s Old-Fashioned at PDT in New York City.

 

Donald Trump introduces Trump vodka (and he does not drink).

 

Colin Kimball launches the Small Screen Network bringing professional online bartending videos to the cocktail community.

 

Derek Brown opens the first stand-alone craft cocktail bar in DC, the Gibson, with Eric Hilton, one of the founding members of Thievery Corporation.

 

CeeLo Green introduces Ty Ku Sake.

David Wondrich publishes the James Beard Award–winning Imbibe!

 

Jared Brown and Anistatia Miller publish Mixologist: The Journal of the American Cocktail Vol. 2.

 

Tobin Ellis is selected as the number-one bartender in America to compete against Bobby Flay in his TV show Throwdown! with Bobby Flay, making Ellis the first successful award-winning flair bartender to cross over to the craft cocktail world.

 

2008

The Sazerac becomes the official cocktail of New Orleans through Bill No. 6.

Julie Reiner opens Clover Club in Brooklyn, New York.

The Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull film debuts and Dan Aykroyd introduces Crystal Head vodka which comes in a glass skull head. Coincidence?

 

LXTV associated with NBC hosts a TV show sponsored by Absolut vodka titled On the Rocks: The Search for America's Top Bartender. The intro of the show says that there are more than 500,000 bartenders in America.

 

Sasha Petraske opens White Star absinthe bar in New York City.

Jeff “Beachbum” Berry publishes Sippin’ Safari.

Cocktail Kingdom is launched, selling high-quality master mixology bar tools.

Robert Hess publishes The Essential Bartender’s Guide.

 

Prairie organic vodka, Tru2 organic gin, Compass Box Hedonism Maximus Scotch, Cape North vodka, Jett vodka, Canadian Club 30, (ri)1 Kentucky Straight rye, Maestro Dobel Diamond tequila, Siembra Azul tequila, and 1800 Silver Select tequila are introduced.

 

Scott Beattie publishes Artisanal Cocktails.

Bridget Albert publishes Market Fresh Mixology.

 

Dale “King Cocktail” DeGroff publishes his second book, The Essential Cocktail.

Natalie Bovis publishes the first nonalcoholic craft mocktail book, Preggatinis: Mixology for the Mom-to-Be.

 

2009

The Ritz-Carlton launches a new global “Bar Experience” that features an edible bar menu with a fresh twist on solid and traditional cocktails.

 

Los Angeles’s first craft bar, the Varnish, opens with bartender Eric Alperin. One year later, Alperin teaches actor Ryan Gosling how to make an Old-Fashioned for the 2011 film Crazy, Stupid, Love which combined with the popularity of the Mad Men Old-Fashioned sparks a new interest for a new generation and becomes the number-one most ordered cocktail of the year.

 

The Mai Tai becomes the official cocktail of Oakland, California.

 

Justin Timberlake introduces 9:01 Tequila. He names it 9:01 because he says that is the time when things start happening at night.

 

Absolut airs a bartender mixology TV show special called On the Rocks.
Tobin Ellis starts the world’s first pop-up speakeasy series called Social Mixology.

Sasha Petraske opens Dutch Kills in Long Island City, New York.

 

Dry Fly vodka, Stolichnaya Elit vodka, Charbay tequila, Evan Williams single barrel, Beefeater 24, Appleton 30, Double Cross vodka, Bluecoat gin, Vieux Carré absinthe, Bulldog gin, Citadelle Reserve, and Fruitlab organic liqueurs are introduced.

 

Ted Haigh publishes the second edition of Vintage Spirits and Forgotten Cocktails: From the Alamagoozlum to the Zombie 100 Rediscovered Recipes and the Stories Behind Them.

 

Rap star Ludacris introduces Conjure Cognac.

 

On November 6—to celebrate their fifteenth anniversary—Consejo Regulador del Tequila wins a Guinness World Record for the largest display of tequila at Hospicio Cabañas, Guadalajara, Mexico. They display 1,201 bottles of tequila from all the states in Mexico.

 

 

2010s

 

2010

David Wondrich publishes Punch: The Delights (and Dangers) of the Flowing Bowl.

 

President Barack Obama and his wife went out for a “date night” to Havana, a Latino-inspired restaurant that serves some of the best Cuban drinks and food on the island and drank Grey Goose Martinis. 

 

Jeffrey Morgenthaler ages a barrel of Negronis and kick-starts the barrel-aged cocktail movement.

 

Moet-Hennessy put sleeves on all their products.

 

To celebrate the 200th anniversary of Frederic Chopin’s birth, Chopin Vodka unveiled a hand-blown, seven-foot tall, 200-liter glass bottle on the red carpet at the Santa Barbara International Film Festival (2010). It’s the largest bottle of liquor ever to be produced.

 

The Manhattan Cocktail Classic hosted its 1st year.

 

Angostura Bitters Shortage rose due to changes in Angostura’s ownership, cash flow problems, and production stoppages.

 

Portland hosted its first Portland Cocktail Week.

 

There was a march for mezcal in Portland, OR.

 

Sagatiba Cachaça launched in Lebanon, China and Russia.

 

In honor of Frank Sinatra’s would be 95th birthday, Social Mixology served old-school Ketel One Martinis prepared by Anthony Alba and Tobin Ellis as well as a tasting of the limited Angelo Lucchesi bottling of Jack Daniel’s.

 

London hosted its first London Cocktail Week.

 

Kanon Vodka launched, “Jello Shots in Tow.

 

Great Rum Debate took place on a boat between Oakland and San Francisco.

 

Darcy O’Neil publishes the award-winning book Fix the Pumps.

 

Cocktail Kingdom made it easy for non-residents of the Caribbean to buy actual swizzle sticks.

 

Chambord vodka, Zucca Amaro, Solerno blood orange liqueur, Maker’s 46, Evan Williams Cherry Reserve Kentucky, ZU Zubrowka Bison Grass vodka, Ransom Old Tom gin, Glenfiddich 40, Bacardi Reserva Limitada rum, Avión tequila, Dulce Vida tequila, Zwack Hungarian liqueur,  Eades Small Batch Speyside whisky, Conjure Cognac, Cognac Frapin Domaine Château de Fontpinot XO, Etude XO Alambic brandy, Galliano Ristretto, Bottega Sambuca d’Anice Stellato, Rökk vodka, Galliano L’Autentico, and Purity vodka are introduced.

 

Gläce Luxury Ice introduced their G3 (G-Cubed) 2” ice cubes. 

 

On January 8, in honor of Elvis’s would-be 75th birthday, Three-O Vodka put together cocktail recipes, Jailhouse on the Rocks, Blue Suede Shooters, All Shook Up, and The Hound Dog.

 

The Great Vodka Debate by the San Francisco USBG (United States Bartenders Guild) was the first of its kind.

 

Continental Airlines began offering Vodka Red Bull to their passengers.

 

Delta Airlines added new cocktails on their flights: Bourbon Breeze • Woodford Reserve Small Batch Bourbon, cranberry & apple juice, and a splash of orange juice with a lime wedge; Marseilles Manhattan • Bourbon, sweet vermouth, Angostura bitters, splash of Ricard, and brandied cherries; Tahitan Dream • Rhum J.M. Gold, Cointreau, orgeat syrup, fresh lime, and hibiscus sugar.

 

Virgin America Airlines offers these cocktails to their passengers: Pomegranate Martini, Mai Tai, and Margarita. All made with Stirrings mixers.

United Airlines offered their passengers a Sunrise Sunset made with Vodka, cranberry apple juice, a splash of orange juice, and a squeeze of lime They also offer a Mai Tai.

 

Zane Lamprey hosts an alcohol travel show, Three Sheets.

Tony Abou-Ganim publishes The Modern Mixologist.

 

New trends include slow cocktails (growing your own herbs at home and at the bar), barrel-aged cocktails, pre-Prohibition–style classic cocktails, cold maceration, molecular mixology, mezcal and tequila forward cocktails, punches, moonshine, genever, ginger beer, coconut water, almond milk, shrubs, honeycomb, gourmet bitters, organic products, quality vermouth, tiki bars, all types of ice, soda fountain equipment, siphons, Red Rover Bartenders (celebrity bartenders swapping/traveling to bartend at other bars), flair bartenders crossing over to mixology, spirit and cocktail classes, craft dive bars, cocktails on tap, regular bars with skilled bartenders and good drinks, food and cocktail pairings, and cocktail networking through social media.

 

Don Julio’s Blanco, Reposado, and Añejo bottles as well as their unique boxes debuted a new modernized, eye-catching design and a new logo that pays tribute to the brand’s namesake.

 

YouTuber turned Cooking Channel star—who also explores cocktails—hosts the TV show Nadia G’s Bitchin’ Kitchen.

 

Trader Vic’s offers a Mai Tai surfboard flight.

 

1000 bottles of Glenfiddich Snow Phoenix whisky were made available exclusively to members of the online club, Glenfiddich Explorers.

 

Medea Vodka from Holland is the first to release a bottle with a programmable LED display that can hold up to six different messages each with 255 characters.

 

The owners of the award-winning New York City bar Employees Only publish Speakeasy: The Employees Only Guide to Classic Cocktails Reimagined.

 

The Dry Martini Bar in Barcelona sells their one-millionth Martini on June 30. The cocktail bar has had a giant digital counter since 1978 that has been tracking the classic Martinis made with gin or vodka.

Stolichnaya Vodka launched a new ad campaign called Would You Have a Drink With You? , which featured celebrities with Playboy magnate Hugh M. Hefner.

 

Tiffany & Co. created 73 silver cups for the Kentucky Derby for Mint Juleps to be served in. They sold $1,000 each.

The AWOL machine was invented in the Uk and allowed to function in Australia for precisely one day (AWOL means Alcohol With Out Liquid: you inhale vaporized alcohol and get… vaporized).

 

2011

Ryan Gosling makes an Old-Fashioned in the film Crazy, Stupid, Love, which results in the cocktail being ordered more than ever.

 

The cocktail competition Speed Rack is launched by Lynnette Morrero and Ivy Mix. 

 

On March 30, TGI Friday’s in the UK celebrate their twenty-fifth anniversary by breaking a world record. They had the most people cocktail flairing simultaneously for two minutes. The event was held outdoors at the Covent Garden Piazza in London with 101 flair bartenders wearing all black-and-red-and-white-striped ties.

 

Bacardi Oakheart, Angel’s Envy bourbon, Johnnie Walker Double Black, Drambuie 15, St. George gin, Hakushu Japanese whisky, Pierre-Ferrand 1840, Brugal 1888, Art in the Age Rhuby, Bols Barrel-Aged Genever, Grand Marnier Quintessence, High West double rye, High West Silver OMG Pure rye, No. 3 London dry, Knob Creek single barrel, and Ron De Jeremy rum (named after the porn star) are introduced.

 

Jim Meehan publishes The PDT Cocktail Book: The Complete Bartender’s Guide from the Celebrated Speakeasy.

 

Colin Peter Field publishes Le Ritz Paris—Une Histoire de Cocktails, which has a preface written by celebrity Kate Moss.

 

On February 11, the New World Trading Company hosts the world’s largest gin-tasting event with 796 participants across nine venues in London.

 

Jamie Boudreau opens his award-winning bar, Canon in Seattle, Washington.

 

2012

Tony Conigliaro publishes the award-winning book Drinks.

Sammy Hagar introduces Sammy Hagar’s Beach Bar rum.

 

On July 13, Nick Nicora makes the world’s largest Margarita, taking the title away from Margaritaville in Las Vegas. Nicora makes it at the California State Fair; the drink is 10,499 gallons. It is made in a large cocktail shaker and sponsored by Jose Cuervo and Cointreau.

Ford’s gin, Templeton rye, High West Whiskey Campfire, L’Essence de Courvoisier, Western Son Texas vodka, Imbue Petal & Thorn vermouth, Amsterdam gin, Leopold Brothers Fernet, and Wahaka Madre Cuishe mezcal are introduced.

 

Philip Greene publishes To Have and Have Another: A Hemingway Cocktail Companion.

 

2013

Tony Conigliaro’s award-winning 2012 book, Drinks, is reprinted and titled The Cocktail Lab: Unveiling the Mysteries of Flavor and Aroma in Drink, with Recipes.

 

Kenny Chesney introduces Blue Chair Bay rum.

Amy Stewart publishes the award-winning book The Drunken Botanist

 

Jim Beam Devil’s Cut, Montelobos mezcal, Penny Blue XO rum, Art in the Age Snap, Four Roses Single Barrel 2013, Woody Creek Colorado vodka, Kirk and Sweeney rum, St. George Dry Rye Reposado gin, Papa’s Pilar blonde rum, Pow-Wow botanical rye, New Columbia Distillers Green Hat Distilled gin, and George T. Stagg 2013 are introduced.

 

Award-winning bartender Charles Joly introduces a line of bottled cocktails called Crafthouse Cocktails Southside.

Jeff “Beachbum” Berry publishes Beachbum Berry’s Potions of the Caribbean.

George Clooney introduces Casamigos Tequila.

 

Diageo hosts the world’s largest cocktail-making class on September 18 in Barcelona with 1774 participants. It was run by global ambassador Kenji Jesse.

 

After sixteen years, Anistatia Miller and Jared Brown publish the second edition of Shaken Not Stirred: A Celebration of the Martini.

 

2014

Kate Gerwin becomes the first winner to be crowned Bols Bartending World Champion.

 

Death & Co: Modern Classic Cocktails is published by Dave Kaplan and Nick Fauchald.

Ancho Reyes Chile liqueur, Mister Katz rock and rye, Green Spot Irish whiskey, Sapling Maple Bourbon, Roca Patron Anejo tequila, Anchor Old Tom gin, St. George California Reserve Agricole rum, High West A Midwinter Night’s Dram, A Smith Bowman Abraham Bowman Bourbon, Elijah Craig 23, and Tanqueray Old Tom gin are introduced.

 

The Smithsonian TV show The United States of Drinking is hosted by award-winning food writer Josh Ozersky.

 

On April 27, the 4-Jack’s Bar and Bistro in Punta Cana, Dominican Republic, makes the world's largest Mojito with the Dominican rum Punta Cana. It takes forty people one hour and thirty-five minutes and contains 185 gallons of rum.

 

Jeffrey Morgenthaler publishes The Bar Book: Elements of Cocktail Technique.

The Savoy celebrates its 125th birthday on August 6.

 

In March, bartender Sheldon Wiley becomes the world’s fastest bartender by breaking the Guinness World Record for making the most cocktails in one hour. It is sponsored by Stoli vodka and the official rules are: each cocktail requires a minimum of three ingredients and no cocktail can be duplicated. He makes 1905 cocktails. The event is held at New York’s Bounce Sporting Club.

 

2015

Salvatore “The Maestro” Calabrese publishes the second edition of Classic Cocktails.

Cocktails & Classics is hosted by Michael Urie and celebrity friends who watch and critique classic films while sipping cocktails.

 

David Wondrich publishes the second edition of Imbibe! Updated and Revised Edition: From Absinthe Cocktail to Whiskey Smash, a Salute in Stories and Drinks to “Professor” Jerry Thomas, Pioneer of the American Bar.

 

Crown Royal rye, Amaro di Angostura, La Caravedo pisco, Tanqueray Bloomsbury, Cynar 70, Encanto pisco, Rieger & Co. Midwestern Dry gin, Rieger & Co. Kansas City whiskey, Highspire pure rye, Grey Goose VX, Sipsmith gin, Redemption Rye Barrel Proof, Stiggins Plantation pineapple rum, Fernet Francisco, Caña Brava rum, Balsam American Amaro, Mr. Lyan Bottled Cocktails, Bacardi tangerine rum, Portobello gin, and Small Hand Foods Yeoman tonic syrups are introduced.

 

The owners of the award-winning New York City bar Dead Rabbit publish The Dead Rabbit Drinks Manual: Secret Recipes and Barroom Tales from Two Belfast Boys Who Conquered the Cocktail World.

 

Philip Greene publishes an updated version of To Have and Have Another: A Hemingway Cocktail Companion.

 

Chris McMillian and his wife, Laura open their first bar, Revel Café & Bar in New Orleans.

 

2016

Jamie Boudreau, the owner of the award-winning Seattle bar Canon, publishes The Canon Cocktail Book: Recipes from the Award-Winning Bar.

 

Jack Daniel’s 150th Anniversary; Three Olives pink grapefruit, pineapple, and pear vodka; Cockspur old gold rum; Life of Reilley Disco Lemonade; Clayton Bourbon; Bird Dog chocolate whiskey; Old Home maple whiskey; Don Q 151 rum; Jameson Cooper’s Croze; Mount Gay XO; Brooklyn gin; Crown Royal honey; Yukon Jack Wicked Hot; E. J. peach brandy; Pau Maui pineapple vodka; Uncle Bob’s root beer whiskey, Laphroig 15, and Jack Daniel’s single barrel rye are introduced.

 

Robert Simonson publishes A Proper Drink.

 

Owners of the award-winning San Francisco bar Smuggler's Cove, Martin and Rebecca Cate, publish Smuggler’s Cove: Exotic Cocktails, Rum, and the Cult of Tiki.

 

Billy Gibbons from the band ZZ Top introduces Pura Vida tequila.

 

Chris McMillian and Elizabeth M. Williams publish Lift Your Spirits: A Celebratory History of Cocktail Culture in New Orleans.

 

Sasha Petraske’s Regarding Cocktails is published by his widow, Georgette.

 

The Cocktail World Today—and Beyond

Between 2000 and 2010, the craft cocktail movement was in its infancy stage. Bar owners replicated the décor, style, fashion, and ambiance from either of two—significant—previous cocktail time periods: the first golden age of cocktails (1860–1919) or American Prohibition (1920–1933). Around 2010, bar owners had a light bulb moment and thought, “Hey! I don’t have to look like a 1800s saloon or a speakeasy to produce fresh quality cocktails because that’s the way cocktails should be made anyway.” That self-realization (the message pioneers were trying to communicate all along) was the spark needed for millennials to create fresh cocktails for all other types of bars. In 2005, there were only around thirty fresh craft bars in all of America, and in 2018, there are over 500. The craft cocktail pioneers should be very proud of this achievement.

 

What does the crystal ice ball predict for the future toddler, teenage, and adult stages of the second golden age of cocktails? Will robots replace bartenders? Will future bartenders become eco-conscious exploring ways to recycle the massive amounts of straws, cups, pics, and bottles dumped in landfills every day? Can bartenders cease stoking the embers of their wannabe-famous egos and simply live balanced lives, be good at their jobs, and understand the bottom line of hospitality? Will bars with fresh crafted cocktails be commonplace for the masses? Will tipping stop? Well, as for robots, probably not, because humans are social beings. Even high-tech futuristic fantasy shows such as Star Trek, which has the technological advances to build robot bartenders, choose not to. As millennials take over the cocktail wheel, it is safe to assume that they will follow their bartender ancestors’ example—and boldly go where no one has gone before.

01_03 copy.jpg

タイムズスクエアのホテルアストリアを描いた1912年のヴィンテージポストカード。このホテルは、世界中のカクテルの基準を打ち立てました スーザンローカイン/Shutterstock.com

パブリックドメインの写真| picryl.com

パブリックドメインの写真| picryl.com

Screen Shot 2018-11-12 at 8.08.28 PM.png
Screen Shot 2018-11-12 at 1.01.41 AM.png
Ensslin Aviation Recipe.jpg
Screen Shot 2018-11-12 at 1.21.57 AM.png
Detroit_police_prohibition.jpg

パブリックドメインの写真| picryl.com

The Largest still in captivity.jpg

パブリックドメインの写真| picryl.com

cab.jpg

ジャズシンガー、ソングライター、バンドリーダーのキャブキャロウェイ|フォトフェスト

19073652_117750216432.jpg

ビクター・ベルジェロン、別名トレーダー・ヴィック 写真 findagrave.comから。